SEO アフィリエイト

ブログの滞在時間を伸ばす2つの考え方とマル秘テクニック3選!

投稿日:

 

 

 

熊田です。

 

今回は、ブログの滞在時間を伸ばす方法

を解説します。

 

 

ブログの滞在時間を伸ばすことで、

検索エンジンからの評価が高まり

アクセス数は自然と増えていきます。

 

 

これはSEOの基本中の基本の考え方ですね。

 

 

では実際にどうすればブログの滞在時間が

伸びるのか?

 

 

基本的な考え方から、細かいテクニックまで

余すことなく解説していきますね。

 

 

ブログの滞在時間とは?

 

 

そもそもブログの滞在時間とは?

 

という部分から解説していきますね。

 

 

簡単に言うと、ブログの滞在時間とは

ブログに訪れた訪問者がどれくらい滞在したか?

ということです。

 

 

例えばAという記事を読むのに

2分かかって、その後ブログを離脱すれば

滞在時間は2分ということになります。

 

 

実際には細かい計算方法がありますが、

難しく考える必要はないです。

 

 

ブログを訪れた訪問者がどれくらい

滞在したか?

 

こうシンプルに考えましょう。

 

 

滞在時間を増やす基本的な考え方

 

 

ここからは滞在時間を増やす基本的な

考え方です。

 

ポイントは以下2つです。

 

・最後まで記事が読まれる

・何記事も読まれる

 

それでは一つづつ解説していきます。

 

最後まで記事が読まれる

 

まず1番大切なことが、

最後まで記事を読んでもらうことです。

 

 

当然ながら2,000文字程度の記事を

読まれたとして、1,000文字読まれた場合と

2,000文字最後まで読まれた場合では

滞在時間は全然変わってきますよね?

 

なので、まずは記事を最後まで読んでもらう

 

ここを意識する必要がありますね。

 

 

そのためにまず大事なことは、

キーワードに対するアンサーとなる

コンテンツを作ることです。

 

 

基本的にブログに訪れるユーザーは

何かしらのキーワードでブログに訪れてきます。

 

例えば、「筋トレ 胸 やり方」

というキーワードでユーザーが訪れた場合は、

そのキーワードに答えるコンテンツでないと

そもそも読まれません。

 

 

「筋トレ 胸 やり方」

についてユーザーは知りたいわけですから、

「筋トレ 腕 やり方」

についてのコンテンツでは読まれないわけです。

 

 

大事なことは検索者のクエスチョンに

答えるということです。

 

 

そうすれば全く読まれないということは

ないと思います。

 

 

そして、さらに読まれるために意識

すべきことが、記事の読みやすさです。

 

 

例えば、以下の2つの記事があった場合は

どちらが読みやすいでしょうか?

 

A

 

今日は
胸の筋トレのやり方
します。

おすすめはベンチプレスです。ベンチプレス腕立て伏せをする
よりも強度の負荷がかかるため効率的に胸の
筋肉をつけるこ

とができます。

 

B

 

今日は胸の筋トレのやり方を解説します。

あすすめはベンチプレスです。

ベンチプレスは腕立て伏せをするよりも
強度の負荷がかかるため、

効率的に胸の筋肉をつけることができます。

 

 

大げさにやりましたが、

極論こういうことです。

 

Bの方が読みやすいですよね?

 

 

大事なことは程よい改行や文字装飾

をして読みやすい文章を書くことです。

 

 

あと、ユーザーは余程面白い文章じゃない限り

画像がない文章は飽きてしまいます。

 

なので所々で関連する画像をいれるのも

意識したいとこです。

 

 

これらを意識することで、記事は

最後まで読まれていきます。

 

 

何記事も読まれる

 

 

次に大切なことが、ブログに訪れた訪問者に

1記事だけでなく、2記事3記事と複数の記事を

読んでもらうことです。

 

 

当然1記事だけ読んでもらうよりも、

複数の記事を読んでもらった方がブログの

滞在時間は増えますかよね?

 

じゃあどうすれば、複数の記事を読んで

もらうことができるのか?

 

 

それはユーザーの興味・関心のある

記事を書くことです。

 

 

例えば先ほどの

「筋トレ 胸 やり方」

という記事を書いたら、

「筋トレ 腕 やり方」

という記事を書いておく。

 

 

関連する内容の記事を書くことで

2記事3記事と読まれていき、

結果的にブログの滞在時間は伸びていきます。

 

なので大事なことは、

関連性のある記事を書いていくこと。

 

 

これはどんななアフィリエイトにも

共通して言えることです。

 

 

だから

専門性の高いサイトは高評価されて

上位表示されやすいわけです。

 

あと気をつけたいのが内部リンクですね。

 

内部リンクで、しっかりと違う記事に

誘導することを意識しましょう。

 

 

 

滞在時間を延ばすテクニック

 

滞在時間を延ばす基本的な考え方は

先ほど書いた通りです。

 

ここからはテクニック的なところを

解説していきます。

 

 

内部リンク

 

先ほども触れましたが、まずは

何と言っても内部リンクですね。

 

内部リンクと言うのはこういうやつですね。

↓ ↓ ↓

僕の詳しいプロフィールはこちら

→熊田のプロフィール

 

内部リンクで大事なことは、

興味性をそそるような誘導をすることです。

 

 

ただ内部リンクを入れているだけでは

もったいないです。

 

例えば記事中の流れで、

僕がたったの1時間で20万円を稼いだ方法は

こちらで詳しく解説しています。

→1時間で20万円を稼いだ方法

 

このように誘導文を入れることで

実際に内部リンクがクリックされやすくなります。

 

ここらへんを意識するといいと思いますよ。

 

 

 

YouTube埋め込み

 

これをやっている人は意外に少ないので、

これだけでライバルに差をつけることができる

と思います。

 

 

YouTubeをブログに埋め込んで再生されると、

再生されている間は自分のブログに

滞在していることになります。

 

他人が作った動画を載せておくだけで

滞在時間が伸ばせるので、

やらない手はありません。

 

YouTubeをブログに埋め込むことは

正式に認められている合法なので

著作権とかの心配はいりません^^

 

 

ポイントは関連した動画を使うことです。

 

 

これだけで相当滞在時間を延ばす

ことができますので、

是非取り入れてくださいね。

 

 

過去記事のリライト

 

 

これはテクニックというよりも

王道的な方法ですね。

 

 

アクセス解析ツールで滞在時間が

短い記事を見つけて、記事の修正や加筆を

することで記事単体の滞在時間をのばすことが

できます。

 

 

また、記事が増えていくと

記事中に入れられる内部リンクが

増えてきますので、内部リンクを入れなお

していきましょう。

 

そうするとPV数が伸びるので、

必然的に滞在時間も伸びていきます。

 

 

内部リンクはかなり重要なので、

面倒くさがらずに行っていきましょう。

 

 

まとめ

 

ブログの滞在時間を延ばす基本的な

考え方とテクニックを解説しました。

 

 

滞在時間が伸びると、こういう

いいスパイラルが生まれます。

↓ ↓ ↓

→滞在時間が伸びる

→検索エンジンの評価が高まる

→上位表示される

→アクセス数が増える

→検索エンジンの評価が高まる

→上位表示される

→アクセス数が増える

 

この考えはSEOで集客する場合は

必ず使いますので、是非参考に

してくださいね^^

 

 

ちなみにブログにアクセスを集める基本は

ここらへんで学べます。

 

>ブログアフィリエイトの王道<

 

 

それでは熊田でした。

 

 

 完全無料のネットビジネス講座を行っています。
今の収入だと将来が不安。  
今の生活に不満がある。
どうしても収入を増やしたい。 
こういった人は是非参加してください。
日々有料級の稼ぐ情報を発信しています。
また
期間限定でマニュアルを無料で配布しています!!
興味のある方はこちらからどうぞ
↓ ↓ ↓      

-SEO, アフィリエイト
-, , , ,

Copyright© 脱サラするためのネットビジネス講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.